部活動紹介

お知らせ information 安城学園高等学校からの重要なご案内

中学校の先生方へ(入試関係)

学校案内パンフレットはこちら

学校紹介DVD

オープンスクールについて

新着記事

カテゴリ

アーカイブ

受験生・保護者の方へ

在校生・保護者の方へ

卒業生の方へ

全国6位入賞!1500m 陸上競技部



        『全国高等学校陸上競技大会2020』
        2020年10月23日~25日(広島県)
        全国6位入賞!1500m2年磯部早良(矢作中出身)。
        中学では西三大会4位4分49秒が最高記録だった選手が、
        生まれて初めて全国大会に出場し、予選で4分28秒の自己
        ベストを叩きだし決勝へ!まさに安城学園Dream!勢いに
        のって全国入賞を果たしました!

         2年 磯部早良(矢作) 女子1500m10/23(金)6位
         3年 竹内佑里花(三谷) 女子ハンマー10/23(金)10位
         2年 小山愛結(六ツ美北)女子800m10/24(土)
         3年 伊藤幹弥(古知野) 男子走高跳10/25(日)




陸上競技部 新人体育大会 2020年9月26日、27日 


陸上競技部 西三河新人


陸上競技部 西三河学年別・リモート陸上大会

【陸上競技部】
『令和2年西三河高等学校学年別陸上競技大会 兼 2020全国高等学校リモート陸上競技選手権大会』

 7/23,24ウェーブスタジアム刈谷
3年生はこの大会の記録で、愛知県内、各地区から持ち寄られた結果を照らし合わせて上位者に、後日、賞状が出されます。全員が<全国リモート>の対象選手です。離れていても全国の陸上選手と勝負です。
みんなでコロナウィルスに気をつけて頑張りました。無観客、無声援、競技場内は競技時間に選手のみ、競技場に入る時には体温検査と1週間分の体温と健康状態をチェックした用紙を提出、蜜を防ぐために常に2mのソーシャルディスタンスを意識して待機。競技時間短縮のため1人1種目のみ、決勝はなし(タイムレース、予選3本)、激しい呼気を防ぐため長距離種目は3年生のみ1500mまで行うが、1,2年生は400mまで。リレーは行わない(バトンパスが×)、昼には会場を空にして、先生たちで会場の消毒作業をして午後の選手を会場に入れる、表彰式は行わず賞状は後日各学校で配布(だから生徒はまだ賞状を手にしておりません)などなど…、できる限りの対策がなされ大会が開催されました。選手には多くの制限があり、記録が出にくい環境でしたが、安全第1を理解して頑張りました。

 


陸上競技部 第80回愛知陸上競技選手権大会


第80回愛知陸上競技選手権大会(7/18.19) 『安城学園高校から優勝者が2名も!!』

オリンピック選手、日本選手権優勝者などが出場する格の高い試合です!
 2年生の小山愛結さん(六ツ美北)が800mで、2年生の磯部早良さん(矢作)1500mで社会人を抑えて優勝しました!安城学園高校としては8位入賞した、個人のべ11種目、リレー1種目が東海選手権大会(8/29,30今年は愛知県開催)へ出場します。安城学園高校の卒業生と高校生の戦いも楽しいものでした。
 卒業生の優勝は4つ。男女砲丸投げと女子ハンマー投げ、そして女子走り高跳びです。それぞれの進路先でもみんな元気に頑張ってくれています!


2020年度 陸上競技部 公式ページ

顧問 早川周吾 石田桂

外部コーチ(長距離)米津倍之

トレーナー稲垣翔太

<活動方針>

個人の競技能力を最大限引き出すことを目指す過程で人間力を養い、チームで陸上競技に取り組む。

目指せ全国、目指せ一つ上のステージ、目指せ自己ベスト!マネージャーも募集しています。

 

<中学生へのメッセージ>

安城学園陸上競技部は、基礎基本を大切にした地道な練習を通して大きく競技能力を伸ばす選手が毎年たくさんいます。高校から陸上競技を始めた選手が全国大会で活躍する場合もあり、やる気があればより上のステージを目指して充実した活動をすることができます。
陸上競技は個人競技ですが、種目やブロック、学年の垣根を超えて「チームで戦う」ことを大切にし、大会での応援にはいつも活気がある、それが安城学園陸上競技部です。
厳しくも温かい、専門知識を持った顧問、コーチが各種目に分かれて指導を行なっています。より上のステージを目指して頑張りたい人、新しいことに真剣に挑戦したい人、一緒に頑張っていきましょう。

ホームページ http://anjogakuentf.web.fc2.com/an_cheng_xue_yuan_lu_shang_jing_ji_bu/Welcome.html

 

 

 

 

 


陸上競技部 岡崎市民駅伝結果

1/19(日)に行われた、岡崎市民駅伝において、
【一般女子の部】で第1位となりました。
1区 磯部早良(区間1位) 10分22秒
2区 竹田実紗(区間2位) 13分36秒
3区 小山愛結(区間1位) 8分10秒
4区 渡邉柚那(区間2位) 16分6秒
5区 杉浦花音(区間1位) 11分46秒
全員1年生でがんばりました!

応援ありがとうございました。


陸上競技部 令和元年度東海高等学校駅伝競走大会 結果

チーム最高順位の2位!
11月24日に行われた『令和元年度東海高等学校駅伝競走大会』において、

チーム最高順位の第2位という結果をおさめました。

1区6㎞ 磯部早良1年(矢作中)
2区4㎞ 竹田実紗1年(矢作中)区間賞!
3区3㎞ 早川想世加3年(大高中)
4区3㎞ 杉浦花音1年(矢作中)
5区5㎞ 永谷千宙2年(西尾中)

愛知・静岡・岐阜・三重から各県上位6校の24校が東海駅伝へ出場しました。
選手はみんな素晴らしい走りの東海高校駅伝でした!
これからも先輩たちの想いを受け継ぎ、また来年へと襷を繋ぎ、レベルアップしていきます!
応援ありがとうございました!
そして、今後も応援よろしくお願いいたします。


令和元年度愛知県高等学校駅伝競争大会 結果

令和元年度愛知県高等学校駅伝競争大会

11月10日に行われたこの大会において、
女子第3位、3年早川想世加は区間賞を受賞しました。
1区 磯部早良1年(矢作中)
2区 永谷千宙2年(西尾中)
3区 小山愛結1年(六ツ美北中)
4区 早川想世加3年(大高中)
5区 竹田実紗1年(矢作中)

今年から一宮に会場を移して勝負でした。

優勝のみが京都の全国駅伝への切符、

6位までが静岡での東海駅伝への切符を手にします。
長距離女子は現在18名。選手選考も苦悩しました。

それほどみんなが切磋琢磨してくれているからです。

今があるのも3年生のリード、そして卒業生の頑張りがあってこそと感謝しております。
チームは全国の切符は掴めませんでしたが、

次は11月24日(日)東海高校駅伝を頑張ります!

年々、安城学園高校の力は向上しており、先頭が近づいてきました!

先輩たちの想いを受け継ぎ、また来年へと襷を繋ぎ、レベルアップしていきます!
応援ありがとうございました!
そして、今後も応援よろしくお願いいたします。

 


陸上部第22回東海高等学校新人陸上競技選手権大会

陸上競技部 『第22回東海高等学校新人陸上競技選手権大会』(10月26・27日)

過去最多人数の大活躍!優勝は女子1500m、3000m、4×400mRと頂点に輝き、

8位入賞者は個人15、リレー2の延べ17種目!!出場者のほとんどが入賞するという

素晴らしい結果で新人メンバーも頑張りました! 応援ありがとうございました!

<女子>
2年5組濵山瑞希(安城北)100m2位入賞・200m4位入賞
2年5組永谷千宙(西尾)1500m8位入賞・3000m9位
2年10組井澤優美(安城南)走幅跳16位・三段跳7位 入賞
2年10組竹内佑里花(三谷)ハンマー投5位入賞
1年2組竹田実紗(矢作)1500m7位入賞
1年4組中根葵(矢作)200m準決勝5着
1年5組手島美咲(竜海)100m5位入賞
1年6組杉浦花音(矢作)3000m8位入賞
1年7組小山愛結(六ツ美北)400m予選3着・800m2位入賞大会新記録!
1年8組磯部早良(矢作)1500m優勝・3000m優勝
1年8組野村美咲(福岡)走高跳7位入賞

4×100mR2位入賞
①1年10組飯田真衣(大高)
②2年5組濵山瑞希(安城北)
③1年5組手島美咲(竜海)
④1年4組中根葵(矢作)
4×400mR優勝
①1年5組手島美咲(竜海)
②1年7組小山愛結(六ツ美北)
③2年5組濵山瑞希(安城北)
④1年10組飯田真衣(大高)

<男子>
2年6組山並星南(東山)100m準決勝5着・200m8位入賞
2年9組宮本竜也(甲山)走高跳8位入賞
2年10組伊藤幹弥(古知野)走高跳2位入賞
4×100mR予選5着
①2年8組瀧石純(城北)  
②2年5組恵美己詩(朝日)
③2年6組山並星南(東山)  
④2年10組小原拓麻(一色)