商業科

商業科

【商業科インターンシップにむけて勉強中!】

2016年6月14日 中日新聞 朝刊西三河総合23頁internkouza

商業科

資格取得を目指して学習できるカリキュラム
すべては進学・就職のために社会に役立つ人材の育成を目指す

商業科では、資格取得を目標に毎日学習しています。資格を取得するということは、専門的な知識や技術を身につけるということです。それは、これから皆さんが実社会で活躍する大きな武器となるでしょう。資格には、コンピューター関連(情報処理・ワープロ)をはじめ、簿記・会計・ビジネス関連など様々な検定があります。各教科は、それぞれ専門の教員が担当し、検定合格までの補習を実施し、各検定で1級合格をめざして頑張っています。

社会人に必要な力を身につける商業科コース

これから先、実社会に出たときに即戦力となるもの。それが資格です。
簿記・情報など、高校生のうちに専門的な知識や技術を身につけておくことで、将来の自分の可能性がぐんと大きく広がります。すべては就職・進学のために。商業科ならではの魅力です。

商業科の進路
商学部・経済学部・経営学部 等
■愛知学泉大学なら
 現代マネジメント学部
■主な就職先(23年度)
 トヨタ自動車、豊田自動織機、アイシン・エイダブリュ、
 ジェイテクト、アイシン高丘、愛三工業、アイシン辰栄
 KYOEI ARACO 他

充実した商業科の教育
●経済を読み取る力の育成(インターンシップ体験学習)
 社会生活の基盤をなす経済活動や企業活動についての仕組みを学びます。
●簿記会計能力の育成
 適切な会計処理を行い、経営における意思決定に活用できる能力を育てます。
●情報処理能力の育成
 ICTの進歩に対応できるように基礎から高度な内容まで学びます。

資格取得に全力投球
●目指す資格
 珠算電卓検定 簿記検定
 情報処理検定 ワープロ実務検定
 商業経済検定
●検定合格者(平成23年度実績)
 珠算電卓検定1級~3級  58名
 簿記検定1級~3級    64名
 情報処理検定1級~3級  104名
 ワープロ実務検定1級~3級 121名
●検定合格者(平成24年度7月末日現在)
 珠算電卓検定1級~3級  71名
 ワープロ実務検定1級~3級 135名
●マーケティング力の育成
 市場調査方法、消費者行動分析、広告・販売活動について学びます。
●ビジネスマナーの育成
(インターンシップ体験学習)
 信頼される企業人を育成するため、マナーや規範意識を学びます。
●コミュニケーション能力の育成(インターンシップ体験学習)
 企業が求める人材は協調性やコミュニケーション能力がある人物です。
夏休みインターンシップ
 高校生の就職は厳しい状況下にあります。高校生
が社会に触れて、感謝される体験や成功体験を得ること、それらを地域社会に還元することが現状を改善できるものと考えています。イ
ンターンシップ体験を通じて、地域社会に新しい息吹を吹き込み、「次世代の担い手」として育成することを目的としています。夏休みに実施されるインターンシップで多くのことを学んで欲しいと思います。下の写真は中日新聞岡崎支局にて職場体験に行ってきた時のものです。

放課後、仲間と検定対策

夏のインターン実習

商業科の先生(私たちがとことん教えます)
高校時代7種目1級合格者の教員もいます。

商業科セミナー(企業見学)
本校卒業生の進学実績
立命館大・愛知学院大・名古屋商科大・名古屋経済大・名古屋学院大 など多数である。専門学校を除く。
商業科は就職はもちろんのこと、進学においても力を発揮している。