弦楽部

新着記事

カテゴリ

アーカイブ

受験生・保護者の方へ

オープンスクールについて

在校生・保護者の方へ

卒業生の方へ

土曜講座開催中!一般の方も参加できます。詳細はこちら

私学連合音楽祭

弦楽部

顧問名  山﨑悦朗・金沢紫 トレーナー:波馬朝光

部員数 1年 29人  2年 9人  3年 5人  

平成27年度活動報告【東北演奏旅行 生徒感想より】
 12月25日から28日までの4日間、宮城県気仙沼市と岩手県大船渡市に復興支援演奏旅行をしました。現地では演奏だけでなく、実際に津波の被害を受けた旧防災センターや気仙沼向陽高校に行き、被災者の方々の生の声を聞きました。
 私たち3年生は今回で3度目ですが、復興状況はあまり進んでおらず、年々ボランティア活動が減ってきていて、どんな形であれボランティア活動に来てくれるのが嬉しいという話を聞き、これからも復興支援コンサートを続けていきたいと強く思いました。
 また、演奏では「明日という日が」、「花は咲く」という曲などで、口遊みながら聞いて下さった方、涙を流しながら聞いてくださる方々がいらして、改めて音楽の力はすごいと実感しました。

【被災者を招き東北で演奏会】
12月19日(土)朝日新聞より:安城市の安城学園高校弦楽部と系列の岡崎市の愛知学泉大学オーケストラが26日、27日、宮城県気仙沼市と岩手県大船渡市で「東日本と愛知をつなぐコンサート」を開く。仮説住宅などで暮らす被災者を招いた無料コンサートで、2011年から続けている。
 当日は復興支援ソング「花は咲く」をはじめ、クリスマスソングなど9曲を演奏。部長で3年の三浦綾香さんは3年連続訪問。「お年寄りから子供までいろんな人たちに演奏を聴いてもらい、少しでも笑顔で楽しい時間を過ごしてもらえたらいいな」。教師1年目の顧問金沢紫(ゆかり)さんは「いっぱい、元気を届けたい」と話す。

大船渡市リアスホール オーケストラコンサート2015冬
~東日本と愛知とつなぐ~

《サンマリン気仙沼ホテル海洋にて》

《リアスホール》

《12月22日(火) 安城デンパークにて クリスマスコンサート》

【全国大会にて】

活動方針
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスで弦楽合奏をしています。地域交流コンサートや東日本大震災の被災地での演奏、系列大学である学泉大学オーケストラとのジョイントコンサートなど活動は幅広く、コンクールや全国大会出場にも力を入れて頑張っています。

中学生にむけて
 ポピュラーミュージック(ディズニーやジブリ)からクラッシック音楽(交響曲)まで、様々なジャンルの音楽を演奏しています。初心者でも3年間で楽器が弾けるようになり、難曲にもチャレンジしています。皆で合奏することを大切にし、最終的には卒業前に予定されている定期演奏会の成功に向けて頑張っています。なお、楽器は学校のものを利用できます。

27年度実績(予定の場合には日程を記入)
7月・第16回地域交流コンサート
8月・第25回愛知学泉大学定期演奏会
11月・私学連合音楽祭、全国学校合奏コンクール全国大会
12月・第九演奏会、第17回地域交流コンサート、ソロ重奏コンテスト、クリスマスコンサート(デンパーク)、東北復興支援コンサート
1月・全国選抜オーケストラフェスティバル
2月・第21回定期演奏会

定期演奏会での様子

 

 


  >